×

CATEGORY

HOME»  佐藤農園のこだわり

佐藤農園のこだわり

私たちの想い

私たちの想い

野菜は、品種や収穫タイミング、肥料、鮮度管理などが大切で、美味しい野菜を作るにはどれも欠かせません。

現在では病気に強い品種であったり、効率を求めて多くの肥料を与え、また大量の農薬をまき、野菜の病気を抑えた野菜作りができますが、野菜本来の成長を大切にすることで、それぞれの野菜の美味しさを味わうことができると思うのです。

佐藤農園は消費者の皆さんに、野菜本来のおいしさを再発見していただきたいと思い、試行錯誤を繰り返し育てています。これからどんどん成長していく子どもたちにも『美味しい』と食べてくれる野菜を提供し続けたいと思っています。
このページでは、そんな私たちのこだわりについてご紹介いたします。

佐藤農園のこだわり

美味しい時期に収穫する

美味しい時期に収穫する

野菜は今や一年中作ることができます。しかし本来は野菜によって原産国が異なり、温度や湿度、日射量など適切な時期があります。佐藤農園では、それぞれの野菜に適した一番美味しくなる時期に作っています。

また、出荷するタイミングも非常に重要です。例えば枝豆やとうもろこしの美味しさのピークは7日間と実は短いのです。これを踏まえた上で、収穫タイミングと美味しい時期を考え、ベストなタイミングで皆様の元へ届くよう、日々努力しています。

鮮度を大事にする

鮮度を大事にする

美味しい野菜は、鮮度が大切です。収穫後、野菜たちの温度が上がらないよう日陰に置き、また、冷蔵庫に保存するなどをすることで鮮度を管理しています。
このように収穫した後も気を配ることで、皆様に『美味しい』野菜を届けできます。

肥料のこだわり

肥料のこだわり

美味しい野菜は、肥料で変わってきます。有機肥料を中心に、適切な肥料を適正量与えることで、美味しい野菜となるのです。
野菜は、肥料を与えれば与えるほど、どんどん大きくなっていきますが、水っぽさが増すことや、苦みや臭みが強くなるなど、その野菜特有の美味しさが半減してしまうことがあります。
美味しい野菜を作るためには、畑ごとに土の養分を分析し、適正量を入れるよう、常に心がけています。

CATEGORY

CONTENTS